BLOG

SOUTH MARKET Vol.2

こんにちは。
SOUTH STOREの神谷です。

今回はイベントのご案内です。

沖縄 セレクトショップ SOUTH STORE サウスストア SOUTH MARKET サウスマーケット

昨年好評だった当店のフリマイベント「SOUTH MARKET」、今年も開催します。

前回は私が出会ったヴィンテージをテーマに開催しましたが、今回はフリマの醍醐味でもある宝探しのようなワクワクする気持ちを楽しんでいただきたいという思いから、あえてテーマを設けずに開催いたします。

並ぶアイテムは様々で、当店でお取り扱いしていないインポート、ドメスティック、古着を含む、幅広いジャンルの洋服が並び、少しだけ雑貨もあります。(メンズアイテムがメインです。)

また、同時にスペシャルプライスのコーナーもご用意いたします。こちらは、訳あり品やセールアイテムを大変お求めやすい価格でご提供させていただきます。(メンズとレディースどちらもご用意しております。)

 

品揃えは決して豊富とは言えません。ただ、「何かいいものが見つかるかもしれない」

今回のイベントでは、そのワクワクする気持ちを楽しんでいただけたら嬉しいです。

お時間ありましたら是非お立ち寄りくださいませ。

 

前回のSOUTH MARKETの様子はこちら。

SOUTH MARKET

 

 

 

Tender Co.(テンダー) Type 490 & Type 473

こんばんは。
SOUTH STOREの神谷です。

今回は久しぶりにTender Co.の入荷アイテムをご紹介したいと思います。

入荷アイテムをご紹介する前に、改めてブランドのご説明、お問い合わせの多い定番デニムの入荷に関するご案内、スペシャルアイテムのご紹介をさせていただきます。

 

TENDER Co. テンダー

TENDER Co. (テンダー)

テンダーとは、蒸気機関車において、石炭や水を積んだトラックのことで、機関車と車両を繋ぐ車両のことを言います。またテンダーは、イギリスを縦横無尽に走り回るための十分な燃料を積まないといけない為、よく鍛えられた鉄によって、あり得ない程頑丈に作られていました。そしてTENDER Co.の服には、それらを研究しデザインし、製造から着るところに至るまで、頑強さといったテンダーの要素が落としこまれています。
デザイナー William氏の経歴は異色で、サヴィルロウでテイラードの経験や、岡山でのデニムの勉強も現地に滞在し、現在はイギリスのセントマーチンズでデニムの講師を務めてます。

 

テンダーと言えば、16オンスセルビッチデニムを使用したデニムパンツを思い浮かべる方が多いと思いますが、昨年頃から日本では流通しておらず入手困難なアイテムです。入荷を待ち望んでいる方も多い中お伝えしづらいですが、21SSシーズンでも定番のパンツは流通しません。とても残念ですが、21AWシーズンに展開されることを祈るばかりです。

ただ、朗報もございます。今季20AWシーズンはデニムのアイテムが2型だけですが入荷します。しかも、テンダー10周年を記念したスペシャルなセットアップアイテムです。

TENDER Co. テンダー 20AW

Type 132 Woad Dye (calico bag)

Type 132(ワイドストレート)のウォード染めデニムパンツに、10周年キャリコバッグが付いています。ちなみに、写真をよくよく見ていただければ分かりますが、デニムパンツのトップボタン(テンダーマンの目)が10になっています。

 

TYPE 900 Woad Dye Donegal Lining (calico bag)

TYPE 900はデニムジャケット。ブランドをスタートした2010年に初めて作られたアウターのアイテムです。こちらは写真がないため入荷したタイミングで改めてご紹介いたします。

テンダー10周年のデニムセットアップは10月入荷予定となります。(例年だと遅れるので11月入荷予定で10月に入荷したらラッキーな感じでお待ち下さい。)

 

 

さて、脱線しましたが、入荷アイテムを2型ご紹介させていただきます。

TENDER Co. テンダー 20AW Type 490 FLOOR SHIRT BLANKET DENIM フロアシャツ

TENDER Co. テンダー 20AW Type 490 FLOOR SHIRT BLANKET DENIM フロアシャツ

“Type 490 FLOOR SHIRT BLANKET DENIM” フロアシャツ

フロアシャツは、工場で着用するシャツから引用し大きなハンドポケットと広い袖を備えたシャツです。
肩のステッチは伝統的な繋ぎめのあるスプリットヨークを形成しているように見えますが、実際は大きな縫い目はアームホールで固定されています。

 

TENDER Co. テンダー 20AW Type 490 FLOOR SHIRT BLANKET DENIM フロアシャツ

生地には右綾、左綾を1mずつ交互に織り上げた「Weaver’s Blanket Denim」を使用しており、ランダムにストライプが出ています。

 

TENDER Co. テンダー 20AW Type 490 FLOOR SHIRT BLANKET DENIM フロアシャツ

TENDER Co. テンダー 20AW Type 490 FLOOR SHIRT BLANKET DENIM フロアシャツ

TENDER Co. テンダー 20AW Type 490 FLOOR SHIRT BLANKET DENIM フロアシャツ

TENDER Co. テンダー 20AW Type 490 FLOOR SHIRT BLANKET DENIM フロアシャツ
着用モデル:178cm
着用サイズ:4

 

 

TENDER Co. テンダー 20AW Type 473 SACK SHIRT INDIGO CHAMBRAY TOTE CLOTH ロングスリーブサックシャツ

TENDER Co. テンダー 20AW Type 473 SACK SHIRT INDIGO CHAMBRAY TOTE CLOTH ロングスリーブサックシャツ

TENDER Co. テンダー 20AW Type 473 SACK SHIRT INDIGO CHAMBRAY TOTE CLOTH ロングスリーブサックシャツ

“Type 473 SACK SHIRT INDIGO CHAMBRAY TOTE CLOTH” ロングスリーブサックシャツ

サックシャツは幅が広くゆったりとしていて前後に深くプリーツが肩から伸びています。
カッティングは20世紀初頭のナースシャツから採用されており、大きなポケットが脇部分に付属します。

 

TENDER Co. テンダー 20AW Type 473 SACK SHIRT INDIGO CHAMBRAY TOTE CLOTH ロングスリーブサックシャツ

TENDER Co. テンダー 20AW Type 473 SACK SHIRT INDIGO CHAMBRAY TOTE CLOTH ロングスリーブサックシャツ

生地にはインディゴ染色された糸を使用し密度を緩くシャンブレー地で織られた生地を使用しています。着用を重ねるほどに雰囲気が増していきます。

 

TENDER Co. テンダー 20AW Type 473 SACK SHIRT INDIGO CHAMBRAY TOTE CLOTH ロングスリーブサックシャツ

TENDER Co. テンダー 20AW Type 473 SACK SHIRT INDIGO CHAMBRAY TOTE CLOTH ロングスリーブサックシャツ

TENDER Co. テンダー 20AW Type 473 SACK SHIRT INDIGO CHAMBRAY TOTE CLOTH ロングスリーブサックシャツ

TENDER Co. テンダー 20AW Type 473 SACK SHIRT INDIGO CHAMBRAY TOTE CLOTH ロングスリーブサックシャツ
着用モデル:178cm
着用サイズ:4

 

入荷アイテムは以上です。

2型とも、羽織りとしてこれから活躍するアイテムです。今でも雰囲気ありますが、着用を重ねて着古した頃がさらに雰囲気が出ます。ファッションアイテムというよりは使い古していく道具に近い感覚でしょうか。経年変化を楽しんでいただければと思います。

Tender Co. 商品一覧ページ

 

 

MITTAN (ミッタン) “KN-02” ウールセーター

こんばんは。
SOUTH STOREの平尾です。

本日は、MITTAN(ミッタン)のウールセーターが入荷しましたのでご紹介したいと思います!

MITTAN (ミッタン)
MITTANは世界に遺る衣服や生地にまつわる歴史を元に、現代の民族服を提案しています。
平面的な構造を再解釈し、天然素材が持つ本来の機能性と組み合わせることで、一過性の時代の流れにとらわれることの無い、永く続く服を目指しています。

-生産背景-
MITTANは世界に遺る衣服や生地にまつわる歴史生地は遠州、播州、尾州といった日本各地の機械織りの産地をはじめ、インド、ラオスといったアジア圏の手織りのものを主に使用。
デザイナーが可能な限り直接機場に赴き、独自の素材開発にも取り組んでいます。
また縫製糸には主に綿糸を、織りネーム、品質表示、ボタン等の付属品には天然素材を用い、国内の提携工場で縫製しています。
染色には通常の染料の他、草木や藍、虫、鉱物を使用し、その不均一な色の移り変わりも美しさとして捉えています。

 

MITTAN ミッタン KN-02 ウールセーター
“KN-02” ウールセーター

糸は南米ウルグアイのウルグアイ産の平均繊度15.5マイクロンの超極細メリノウールを使用しています。
滑らかでありながら嵩高性があり、カシミヤに近い肌触りで、糸を2本取りにすることで、適度なボリュームが生まれたミドルゲージのニットになります。

MITTAN ミッタン KN-02 ウールセーター

ホールガーメントという糸から1着まるごとの状態で、編み機から直接編成される機械を使って作られています。
ホールガーメントは縫い代が無いのが特徴で、構造上の制約も多く無縫製の分かえって平面的に仕上がる事もあるのですが、逆にその特性を生かした平面的なセーターとなっています。
肩傾斜は水平で、襟ぐり以外は直線で構成されています。リブは伸びてもスチームアイロンや水を通すと元に戻ります。

MITTAN ミッタン KN-02 ウールセーター
着用モデル:150cm / 着用サイズ:1

MITTAN ミッタン KN-02 ウールセーター
着用モデル:178cm / 着用サイズ:3

 

MITTANのアイテムは、ユニセックスで着用いただけます。
1はレディースのM、2はメンズのM、3はメンズのLというのが大まかな目安となります^^
着用感は、ジャストサイズといった印象で、合わせたいアイテムや着たいイメージに合わせてサイズを選んでいただけたらと思います!
軽くて程よく薄手なので、とても着やすく、素肌に触れた感じもチクチク感はほとんどありませんでした。(個人的意見です・・・!)
ネックも割と詰まっているので、肌に触れる感じはかなり重要だと思います!
本当にカシミヤのような柔らかさで気持ちが良いので、ぜひ一度手にとっていただきたいです^^

 

沖縄はお盆も終わり、早朝はすこーしだけ秋を感じてます。本当にすこーしですが。笑
早くニットが着れる気温になってほしいな〜。と、思いながらまだまだ川沿いを汗だくで通勤しています。
移住して二年目からは、沖縄でも寒い寒い言ってるよ、きっと!と友達に去年言われていたのを試される時が着々と近付いています。
んなことないやろー!と言っていた私がギャフンということになるかもしれません・・・!

 

それでは、本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。
またお会いしましょう!